スポンサーリンク

ロンドンのマーケットで一番マーケットらしさのあるオールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)へ行ってきました。

ショッピング

海外のマーケットって宝探しみたいで楽しいですよね。自分の趣味に合ったものが見つかったり、ずーっと探しているものがふっと見つけられたりで見ているだけでワクワクしませんか?

ロンドンには、マーケットがあります。選りすぐりのマーケットをめぐって、自分色にの生活を楽しんでみませんか。

古い物を大切にするイギリス人は、ちょっとしたアンティークをインテリアに取り込むのがとても大好きで上手です。このオールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)は毎週木曜日がアンティークマーケットとなっていますので、アンティークに興味のあるか方は曜日を合わせて是非木曜日に訪問してみよう!

オールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)は休日なしで毎日マーケットを開催しています。毎日朝10時から開店し、倉庫や卸売市場だったエリアを再開発し、屋根付きの倉庫みたいな建物なので、天気が悪い日も安心してショッピングが出来ます。

ジョージ王朝やヴィクトリア朝全盛期のロンドンに思いをはせるなら、あるいは世界で次に何が流行するかをチェックしたいなら、流行に敏感な人が集まるスピタルフィールズへ。
1日中、飽きることはありません。朝一番にストリートマーケットで掘り出し物を品定めするもよし、昼間にグルメを気取って美味しいものを食べ歩くもよし、夜が更けたらロンドンで最も人気のバーやクラブで楽しく遊ぶもよし、商業の中心地シティ オブロンドン、流行の発信地ショーディッチ、活気あふれるホワイトチャペルの狭間にあるこのエリアは歴史あるイーストエンドでは、伝統と現代が見事に融合しています。

スポンサーリンク

場所・アクセス

住所:16 Commercial St, Spitalfields, London E1 6EW イギリス

最寄り駅:地下鉄又は鉄道(Network Rail) リバプール・ストリート(Liverpool Street)駅から約500m

営業時間:月~金曜日 10:00~20:00
              土曜日   10:00~18:00
      日曜日   10:00~17:00
(飲食店の開店は毎日11:00より閉店時間は上記に同じ)

URL:https://www.spitalfields.co.uk/

上記画像はインスタ映えスポットみたいで、若い情勢が自撮りを楽しんでいました。

歴史

1197年に建設された修道院兼病院が起源のSpitalfieldsはそれほど栄えた地域ではなかったのですが、ロンドン大火をきっかけに醸造所が営業をし、その後1682年にスピタルスクエアでマーケットを開催する許可を得たのが始まりと言われております。

大航海時代の大英帝国の発展でマーケットは大きくなりますが、繊維産業の衰退による経済の減速による縮小された時期もありました。

1700年代にはユダヤ人が多く暮らす地域でしたが、第二次世界大戦ごはバングラディッシュ人が居住を始め繁栄した地域となります。

1920年にロンドン市が管理運営することとなり、全国的に評判が良くなりマーケットの規模が大きくなった為、1991年に一旦レイトン地区に移転しますが、現在の地をレストアし2005年に再オープンする運びとなりました。

店舗

リバプール駅を起点に沢山のマーケットがあり、オールドスピタルフィールズも徒歩範囲です。少し落ち着いた感じで、飲食店用(フードコートタイプ)のテーブルがバランスよく合っていますね。

洋服、オーガニック物、古着、カシミヤ、カフェ、屋台とあらゆるお店があり見てるだけでも楽しめます。これだけの店舗があるので見て回るだけでも楽しいですよ。

毎日開催しているマーケットですが、曜日によってその内容が異なりますが、基本的にはデザイナーの作品やアンティーク系が多い印象です。私は日曜日にいったのですが、オリジナルの面白いTシャツや、部屋に飾りたくなるおしゃれな写真・絵などたくさんのお店が並んでいます。


日曜の昼頃だったのでゲキ混みを予想してましたが、そうでもなかったです。日曜日は衣料・服飾品中心らしく、ストールは手作り感満載の洋服やアクセサリーでいっぱいでした。そう、今思い出してみると確かにほとんどが手作りだったような・・・ストールのほかにもショップやレストラン・カフェもあり、比較的ゆっくり楽しめるところはいわゆるストリート型のマーケットとは違うのではないかと考えています。この頃日本でも流行っていますが、個人のアーティスティックな商品を並べている店が多かったような気がします。

すぐ近くにBrick Laneがあり、そこでもBrick Lane Marketがあるのでマーケットはしごするのもありだと思います。

屋台もあるのでお腹がすいたらピザやアジアン食などいろいろ食べることができます。お勧めは写真のバーガーです。蒸気機関車の形をした炭火グリルで香辛料に付け込んだ牛肉を焼いてナンの様なパン生地に挟んだ食べ物です。この肉の塩梅と香ばしい炭の香りがたまらなく美味しかったです。

食品中心のバラマーケットと違い、ちょっとしたアート作品を目にできる楽しいマーケットとして、オールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)は今回のロンドン旅行の中で一番印象に残っているマーケットです。

今回訪問したオールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)の映像をYoutubeにアップしましたので、お時間ありましたらご視聴お願いいたします。

オールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)行ってきました。!ロンドンでアーティスティックを感じられるマーケット!

コメント