スポンサーリンク
イギリス

イギリスの高速道路(モーターウェイ)には日本に似たサービスエリアが点在していた。設備は快適でレンタカー移動ではすごく重宝しました。

以前のイギリスの高速道路は、基本無料なので疲れたら一旦インターチェンジで一般道路に戻り、インターチェンジ近くのカフェやキオスク等で休憩をとるのが一般的でした。しかし最近は日本の高速道路のようなサービスエリアが沢山営業をしており、トイレや休憩...
イギリス

ストーク=オン=トレント(Stoke-on-Trent)でワールド・オブ・ウェッジウッド(World of Wedgwood)とウェッジウッド&ロイヤルドルトン・アウトレットストア(Wedgwood & Royal Doulton Outlet Store)さらにバーレイ・ファクトリーショップ(Burleigh Factory Shop)に行ってきましたのでご紹介します。

ストーク=オン=トレント(Stoke-on-Trent)といえばイギリスの陶器産業の里とみなされ、ウェッジウッドを始め日本でもおなじみの陶器メーカーの窯元がある場所で有名ですね。 ロイヤルドルトン、スポード、ウェッジウッド、ミントン、エマ...
燃料サーチャージ

2020年2月以降発券の燃油サーチャージを予想します。変更なしのゾーンCかなと計算。

本日2019年12月1日より発券の燃料サーチャージは先月と同じのゾーンC適用となっております。最近の原油先物価格(WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート))は落ち着いた値動きとなっており、それに伴い、燃料サーチャージの価格を決定す...
ロンドン

大混雑になるバッキンガム宮殿前の衛兵交代式は計画を立てて見学しよう!日程と場所?お勧めは?

ロンドン観光と言えば、バッキンガム宮殿ですよね。特に衛兵交代式は世界中で最も有名な王室の行事です。ですから、世界中から沢山の観光客が訪問し、衛兵交代式の時間帯はバッキンガム宮殿前は大混雑となっているのが現状です。 予め入念に調べて、バッキ...
ロンドン

カムデン・タウン(カムデンマーケット)はパンク発祥の地ロンドンを象徴する猥雑で刺激的な街だった。

カムデン・タウン(カムデンマーケット)は世界で最も有名なマーケットの1つであり、ちょっぴりエスニックで、若者を引きつける魅力ある街として広く認められています。 よくロンドン版原宿と紹介されているのはそういったところかも知れません。しかし、...
燃料サーチャージ

2019年12月以降発券(2019年12月1日~2020年1月31日)の燃油サーチャージを予想します。横這いかなと計算。

 本日2019年10月1日より燃料サーチャージはゾーンDよりゾーンCが適用となり、値下がりしました。6月1日~9月30日発券分の燃料サーチャージが値上がり傾向だったので嬉しい値下がりとなりました。 さて気になる今後の燃料サーチャージ価...
ロンドン

ロンドン観光で絶対外せない場所!グリニッジ天文台で世界標準子午線をまたごう!見どころ満載のグリニッジを紹介します。

グリニッジ標準時として有名なグリニッジ王立天文台は、1675年にチャールズ二世によって設立されました。 クイーンズハウスと国立海洋博物館を見下ろす急な丘の頂上にあるグリニッジ王立天文台は、世界遺産でもある"海事都市グリニッジ"のグリニッジ...
ロンドン

ロンドンの水上バス(リバーバス)でグリニッジまで行って来ました。公共交通機関なのに観光に利用できるテムズ川クルージングは最高!

ロンドンは公共交通機関が充実していて、移動には困らないですよね!そのなかでも特異な存在としてリバーバス(River Bus)も忘れてはいけません。リバーバス(River Bus)は、公共交通機関として市民にも使われる料金が安いコミューターサ...
旅行

ロンドン行くなら”Citymapper”!”Google maps”より使える地図アプリをロンドンで試してみました。”Citymapper”持って海外旅行に行こう

最近は海外旅行に行っても、SIMフリー端末を持っていれば現地のプリペイドSIMを入手したり、日本から訪問国用の海外WiFiルータをレンタルしたりして、スマホを利用することが出来るのできますよね。これにより地図や観光地・レストランの情報等簡単...
ロンドン

ロンドン大火記念塔(Monument to the Great Fire of London)の前で歴史について語ろう!

ロンドン大火記念塔(Monument to the Great Fire of London)は1666年にロンドンで起こった大火を記念して1671年に建設が開始され、1677年に完成した記念塔です。ロンドン地下鉄モニュメント駅出口すぐに巨...
スポンサーリンク