スポンサーリンク

ヒースロー空港で日本人も自動化ゲートを利用できるようになりました。今回実際にePassport gatesを利用して入国審査を経験してきました。

旅行

長~い行列で、悪名高いヒースロー空港の入国審査ですが、この度日本人も”ePassport gates”を利用して入国審査が出来るようになりましたので、実際に体験してきました。

スポンサーリンク

以前のヒースロー空港イミグレ

どこの国でもそうですが、外国人に対して入国審査は厳しいものでして、イミグレでの行列は旅行国に対して印象悪くなりますよね。特にヒースロー空港は以前から悪名が高く、筆者が2012年ロンドンオリンピック直前に訪れたときにも、日本のニュースでヒースロー空港の入国審査の行列は醜いと、散々たたかれていたのを記憶しています。

それから色んなニュースを見ていますが、改善することもなく、現在に至っていました。
昨年のニュースですが最長2時間半待ちだと言うのは、政府としてもかなり印象悪いですよね。

英ヒースロー空港の入国手続き、行列2時間半待ちも
欧州経済領域(EEA)外からの渡航者の待ち時間は、7月の間ほぼ毎日、目標範囲内に収まらなかった。

“ePassport gates”とは

日本でも日本人を対象として運用されています、入国審査の自動化ゲートですが、英国でも運用されていますが、利用できる対象者は、イギリス国民・EU又はEEA加盟国の国民とスイス国民だけでした(他に条件を満たして£70を払って申請すれば日本人の利用は可能でしたが)。しかし2018年10月30日に、「オーストラリア・カナダ・日本・ニュージーランド・アメリカ国民も”ePassport gates”を利用できるようにする。」と下記リンク先の通りの発表がありました。

2018年10月30日 英国政府発表記事

ePassport gates to ease travel for passengers from more countries
Millions more people will be able to use ePassport gates as they arrive in the UK, under plans announced in the Budget on 29 October 2018.

この頃には今回のイギリス旅行を計画していたので、めちゃくちゃ喜んだんですよね(*´σー`)エヘヘ。でも夏運用としか記載が無かったので、果たして俺たちの旅行の時に間に合うのかと、やきもきしていました。そして下記リンク先の記事の通り、「2019年6月から日本国民も”ePassport gates”を利用できます。」と発表はありました。

2019年3月14日 英国政府発表記事

ePassport gates eligibility expansion confirmed for June
From June, millions more people will be able to use ePassport gates as they arrive in the UK, the Chancellor confirmed in yesterday’s Spring Statement.

2018年10月の発表を聞いた時には「どーせ政府の手続きに手間取り、2020年位からの運用じゃね~」と高を括ってたのですが、予定通り夏の運用にはビックリしました。もともと”ePassport gates”は英国内の主要な空港で運用されていましたから、何かハード的に機器を追加することもなく、ソフトの改修だけで運用が変更出来たのかなと想像します。

2019年5月20日 英国政府発表記事

Government expands use of ePassport gates to 7 more countries
Eligible travellers from 7 non-EU countries can now use ePassport gates to enter the UK quickly and securely in changes being made to the border.

そして、5月20日より日本、米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、韓国からの訪問者は、イギリス全土のepassport gatesがある空港でepassport gateseを使用することが可能となりました。予定よりも早く、決めたことは確実にこなすイギリスらしい対応でした。(ブレグジットは。。。。ですが)
2017年にこれらの国から来た国民による英国での1000万人以上の到着があったので、相当の行列削減になりそうですね。

さて”ePassport gates”の利用方法は下記リンク先を参照願います。

ヒースロー空港の案内

Immigration and passports | Heathrow
Unless you are catching a connecting flight, your first stop after arrival will be passport control. Find out what to do at the border.

1分過ぎ辺りからアニメーションで利用方法について紹介されています。

YouTube

体験談

羽田から長い飛行を終え、ターミナル2に到着し、動く歩道とエスカレータを進むと、入国審査場入口にこの様な表示が大きく出ています。

進んでいくとUK+12の国旗が記載されているパスポートをお持ちの方は左側に進みます。

少しの行列の先にこの様な自動化ゲートが15台並列に並んでいます。
利用方法は簡単で説明図の通りスキャナーにパスポートの写真ページを開いて乗せ、前方のディスプレーに顔を向けるだけです。
日本国内の自動化ゲートの様に2~3秒で終了しなくて、約30秒ほど顔認識に時間がかかります。
個人的な感想ですが、顔を動かすと読み取りに時間がかかるようで、1分以上かかっている人もいました。

エアアジア・ジャパン

JAL SKY SUITE

扉が開けば通過可能で終了です。なんとヒースロー空港のイミグレを5分程度で通過できました。入国審査必要な書類の記載もなく、とても簡単で喜ばしい設備となっています。

但し、入国スタンプは押されませんので、どうしても入国スタンプが必要な方は通常の検査官がいるパスポートコントロールに並びましょう。当方が利用した時は自動化ゲートのおかげなのか、検査官がいるパスポートコントロールは大変少なかったです。おそらく10分程度で順番が回ってくるでしょう。

ヒースロー空港ターミナル2から地下鉄駅までの移動(From Heathrow Airport Terminal 2 to UnderGround Station)

コメント