スポンサーリンク

【聖地巡礼】超特急”超ネバギバDANCE”ミュージックビデオ撮影で訪れた街ロンドン!セント・パンクラス国際駅(St Pancras International Station)のユーロスター

ロンドン

2017年発売の超特急”超ネバギバDANCE”のミュージックビデオはロンドンで撮影されました。ビデオではロンドンの様々な有名観光地が登場していますが、その中の一つとして超特急のグループ名にふさわしい場所、そうですここがセントパンクラス・インターナショナル駅!ロンドンとパリ(又はブリュッセル)を2時間半で結ぶ超特急ユーロスターの発着駅です。

セントパンクラス・インターナショナル駅は改修され2007年より国際列車のユーロスターの発着駅として利用されています。駅外観は1886年開業以来変更はなく、ネオ・ゴシック建築様式でとても魅力ある見る価値のある建物です。しかし、内部は改修されガラスを基調としたとでもモダンな内装でヨーロッパを代表する国際駅にふさわしいターミナル駅舎となっています。

スポンサーリンク

場所・アクセス

住所:Euston Rd, Kings Cross, London N1C 4QP イギリス

最寄り駅:地下鉄 キングクロス・セントパンクラス駅

超ネバギバDANCE

超特急「超ネバギバDANCE」Music Video

ビデオ中では断片的に編集されています。セント・パンクラス国際駅(St Pancras International Station)でのユーロスターに挟まれての撮影箇所は下記の時間です。
3:22~3:49
4:10~4:15
4:28~4:32
4:55~4:58

撮影場所は下記の画像になります。映像での屋根の傾斜を見ると、右側に写っているユーロスターの右側のホームで撮影が行われたと考えます。

撮影が行われた場所は、国際電車の発着駅で空港で例えるなら保安検査場及び出国審査を通り過ぎた後に到達できる場所であります。よって一般の見学者が入れる場所ではないのです。
下記画像の通り、駅舎内は入ることが出来るのですが、ガラス壁の仕切りがあり、ホームには行けないようになっています。
もしどうしても入りたい方は、パリやブリュッセルへの旅行を計画してください。ユーロスター自体はそれほど高くなく、早期WEB予約で片道¥5,000-程度で乗車することができます。時間も2時間半程度(但し出入国の時間に1時間半は計算したほうが良いです)ですので、日帰りでの利用も可能です。

   

撮影が行われたホームを見学したい方は、上記写真の正門より入場することが出来ます。地下鉄で到着した場合建物内でも見学場所に行けますが、キングクロス駅方面より来た場合階段を上って建物正面より入場できます。

写真の様に建物自体は非常にロンドンらしい趣きのあるハリーポッターに出てきそうな建築物ですので、外側から見るのをお勧めします。また、隣のキングクロス駅は映画”ハリーポッター”の9-3/4プラットフォームがあり観光地として有名な場所ですので合わせて訪問されることをお勧めします。

また、駅舎前の大通りを挟んだ場所はユーキ写真集『Freedom Journey』の撮影で使われた下記画像の建物ありますので、合わせて聖地巡礼できますね!

コメント